カテゴリ 未就学児

子供がテレビ、YouTube、ゲーム、映画を見る方法
未就学児

子供がテレビ、YouTube、ゲーム、映画を見る方法

赤ちゃんと幼児:テレビ、YouTube、ゲーム、映画一般に、赤ちゃんと幼児:テレビ、タブレット、携帯電話での光、動き、活動に惹かれますが、何が起こっているのかを理解する能力が限られているため、何度も見たり聞いたりすると、テレビ番組やYouTubeビデオで見たものをコピーする可能性がありますが、あなたと一緒にそれを行う可能性が高くなります。約18か月になるまで、画面に表示されるものと実際の生活で経験するものとの違いを伝える能力は、画面に表示されるものを約2.5年になるまで現実の状況に適用する能力を制限します古い。

続きを読みます
未就学児

就学前のいじめ:子供を助ける

就学前のいじめは、特に就学前の時期に、子供の自信と自尊心を壊す可能性があります。あなたの子供が幼稚園でいじめられている場合、彼は家庭と幼稚園の両方で多くの愛と支援を必要とします。彼はまた、あなたがそれ以上のいじめを防ぐための行動を取ることを知る必要があります。
続きを読みます
未就学児

未就学児と話したり聞いたりする

未就学児の会話と聞き取り:何を期待するか3-5年で、あなたは未就学児からたくさんの会話と質問を聞くかもしれません。これは、未就学児:新しい単語、発話音、および言語スキルを練習する必要があるため、彼らの周りの世界は常に、彼らが知っている以上のことを知っている人々と話すことによって学びます。
続きを読みます
未就学児

未就学児の創造的な学習と発達:期待すべきこと

創造的な遊び:未就学児の学習と発達にとってなぜ重要なのか子どもの想像力はまだ発達していますが、ドラマ、音楽、ダンス、芸術、工芸は次のことができます:創造性を育む子どもの自信を育て、子どもが感情を表現し、コミュニケーションスキルを学ぶのを助けます意思決定、問題解決、批判的思考を実践する機会は、子供が物事を見る新しい方法を見つけるのに役立ちます。
続きを読みます
未就学児

おしゃべりと遊び:未就学児

期待すべきこと:未就学児と話す3〜4歳の場合、未就学児は、おそらく、より複雑な質問をし、5〜6語の文章を書くことができます。 5歳までに、あなたの未就学児はおそらく:彼女の名前と住所を言うことができ、最大9語の文章を使用して明確に話すことができ、意味のある会話を持ち、詳細な話をすることができます。
続きを読みます
未就学児

3-4年:未就学児の発達

3〜4歳の子どもの発達:何が起こっているのかこれは、未就学児の感情的な発達の重要な時期です。この年の間に、あなたの子供は彼女の体、心、感情が彼女自身のものであることを本当に理解し始めます。彼女は幸せ、悲しみ、恐れ、怒りの違いを知っています。あなたの子供はまた、想像上のものへの恐怖を示し、他の人がどのように行動するかを気にし、身近な人々への愛情を示します。
続きを読みます
未就学児

4-5年:未就学児の発達

4〜5歳の未就学児の発達:何が起こっているのか感情と行動この年齢では、子供は自分の感情を表現することを模索し、学んでいます。彼はこれを多くの方法で行います-例えば、話すこと、ジェスチャーやノイズを使うこと、絵を描くこと、物を作ること。あなたの未就学児は、人々の周りにいることも好きです。
続きを読みます
未就学児

未就学児向けの健康食品:5つの食品グループ

子供向けの健康食品とは?未就学児向けの健康食品には、野菜、果物、穀物、低脂肪乳タンパク質の5つの健康食品グループのさまざまな生鮮食品が含まれます。各食品グループにはさまざまな栄養素が含まれており、子供の体はそれを適切に成長させて機能させる必要があります。そのため、5つのすべての食品グループのさまざまな食品を食べる必要があります。
続きを読みます
未就学児

未就学児の創造的な学習と発達:アイデアと活動

未就学児の創造的な遊びを奨励する未就学児にとって、創造的であるための時間、教材、スペースは非常に重要です。未就学児は創造的な遊びに自発的になるのが好きなので、子供のリードに従うのは良いことです。しかし、あなたの子供があなたの創造的な活動により深く関わってほしいと思うときもあるでしょう。
続きを読みます
未就学児

幼年期の性行動:未就学児

未就学児の性的行動:典型的なものは何ですか?未就学児の性的行動は、特に初めて見たときは、少し対立する場合があります。体に触れたり、見たり、話したりすることは、お子さんの発達の最も典型的で健康的な部分であることを知るのに役立つかもしれません。性と身体についての率直で正直な話は、あなたの子供の行動を導くのに役立ちます。
続きを読みます
未就学児

言語発達:3-4年

3〜4歳の子供の語彙と言語発達あなたの子供は、あなたや他の大人の話を聞いて、文脈から推測することで、たくさんの新しい単語を学びます。彼はまた、新しい経験から、そして読み上げられた物語を聞くことから学びます。彼はまだ彼が言うよりも多くの単語を理解するでしょう。あなたの子供は学び、使用します:「野菜」や「動物」などのグループの名前の「because」、「and」、「if」などのより多くの接続語は、「aunty」や「brother」などの家族用語です。
続きを読みます
未就学児

トイレのトレーニング:実用的なガイド

トイレトレーニング:お子様の準備ができている兆候約2年後から、お子様がトイレトレーニングの準備ができている兆候を見ることがあります。 18ヶ月という早い段階で準備ができている兆候を示す子どももいれば、2歳以上の子どももいます。あなたの子供は、次の場合に準備ができている兆候を示しています:歩いていて、短時間座ることができます-これはあなたを不快にさせる可能性がありますが、それは2時間まで乾いたおむつを持っていることを紹介する良い方法です-これは彼が彼の膀胱(若い赤ちゃんや新生児で自動的に空になる)を吸うことができることを示しています彼はおむつでうんちをします-それが起こる前に彼があなたに話すことができるなら、彼はトイレトレーニングの準備ができており、おそらく濡れているか汚れているときにそれを引き離そうとしますパンツを上下に動かすことができます。「パパにボールをあげる」などの簡単な指示に従って、家の周りに自分の居場所があることを理解できます。
続きを読みます
未就学児

就学前:仕組みとその理由

就学前プログラムが子供に良いのはなぜですか?就学前は子供を支援します:新しい知識とスキルを身につけます-たとえば、数字、文字、単語について学び始め、他の子供や大人と遊んだり交流したりすることでコミュニケーションと社会的スキルを向上させます-たとえば、子どもたちは遊具のバランスを取り、鉛筆で描く、ハサミで切るなどの細かい運動能力を練習し、問題解決と創造的思考のスキルを養い、自分の世話をするなどのことを通じて責任、独立、自信、自尊心を育てる自分の持ち物と家から離れて過ごす時間は、学校への移行の準備をします。
続きを読みます
未就学児

未就学児向けの優れたアプリ、ゲーム、テレビ番組、映画、YouTube

スクリーン時間の品質が重要な理由スクリーン時間の品質は重要です。未就学児にとって、質の高いスクリーン時間には、学習行動という2つの重要な分野での利点があります。質の高いスクリーンタイムは、特に子供の興味と結びついたり、想像力をかきたてる場合に、子供の学習をサポートできます。たとえば、5歳の子供は、画面上での描画や描画から多くのことを得ることができます。これにより、想像力に富んだ形で色や形を使用できるようになります。
続きを読みます
未就学児

プレイ中の未就学児

未就学児向けの遊びとゲーム:何を期待するかすべての子供は異なっており、遊ぶことに関しては、彼らはすべて個々の好き嫌いがあります。しかし、未就学児は一般的に次の種類の遊びが大好きです:ドラマチックでふり遊び:未就学児は、ドレスアップなどのゲームを使用して、混乱したり怖いシナリオを演じたり、ママやパパになるなどのさまざまな役割を試したり、感情を調べたりします。
続きを読みます
未就学児

思考と遊び:未就学児

未就学児の遊びと認知発達について未就学児は、物事の仕組みを学びたいと考えています。遊んでいる子供たちは、常に問題を解決し、創造し、実験し、考え、学習しています。これが、プレイが未就学児の認知発達をサポートする理由です。つまり、子供が次に何が起こるかを考え、理解し、伝え、記憶し、想像し、解決する能力です。
続きを読みます
未就学児

動きと遊び:未就学児

未就学児のための毎日の運動:なぜそれが重要なのか運動は、子供の学習、健康、幸福にとって重要です。毎日の動きは、子供が筋肉を鍛え、身体スキルを練習するのに役立ちます。彼女がより高く登り、より速く走り、さらにジャンプするにつれて、彼女の自信は高まります。遊びは、子供が学び、発達する主な方法の1つであるため、未就学児を動かすには、毎日の遊びが最善の方法です。
続きを読みます
未就学児

想像、創造、遊び:未就学児

未就学児の想像力が高まるにつれて期待すべきこと約3年後、子供は人形やドレスアップを使って劇的な遊びを楽しんだり、今までになかった事柄について非常に詳細な話をしたり、架空の友達がいることがあります。彼女は大人、医者、宇宙飛行士のふりをするかもしれません。着せ替えとふり遊びは、子どもたちが安全な環境で現実世界についてのアイデアを探求できるようにします。
続きを読みます
未就学児

広告と子供

広告と子供について子供は、テレビ、YouTube、アプリ、ラジオ、看板、雑誌、新聞、映画、インターネット、広告ゲーム、テキストメッセージ、ソーシャルメディアなど、さまざまな形で広告を体験します。そして、広告は子供たちに働きかけます。たとえば、子供がテレビを見れば見るほど、子供が望み、求めるおもちゃが増えます。
続きを読みます
未就学児

子供の学校を選ぶ

お子様の学校の選択についてお子様の通う場所の決定は非常に個人的なものであり、難しい場合があります。親がこの決定を正しくすることに不安を感じることはよくあり、普通です。一部の親にとって、決定は簡単です。彼らの子供たちは地元の公立学校、つまり彼らの家と同じ政府区域の学校に通っています。
続きを読みます