情報

子ども同士の葛藤を解消する沈黙のテクニック

子ども同士の葛藤を解消する沈黙のテクニック


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

沈黙の力 それはそれが癒すことができるようなものです。また、もちろん、 競合を解決します。 そしてこれはまさに、多くの教師が問題を解決するために教室で使用しているテクニックの1つです。沈黙に基づくゲームです。はい、まあ、それはどのように聞こえますか。その方法を説明します。

それは集団力学です。たぶんあなたはあなたの子供とそれを使ってみることができますが、それはうまくいきません。戦いが彼の兄弟とだったなら、そうです。つまり、それは 子供が他の人と対立するために使用されます、個人の行動を変えないために、そして常に年長の子供たちに、反省することができます(8-9歳から)。

このテクニックは AydéeMesa、ドラマティックアートの卒業生。 そして、これは彼がそれを思いついた方法です:

1.それは対立する状況を表すことについてです。 AydéeMesaはこの可能性を提案しています。グループの子供たちの1人が教師として行動します。あなたは他の人に聞かれることなく、彼に別の子供を学生として志願させなければならないと説明します。ここであなたはあなたの最初の問題に直面するでしょう:あなたが何も残したくない場合はどうなりますか?

ボランティアが学生として去るとき、あなたは彼に、誰も聞いていない彼だけに、昨夜家族の議論を生き、非常に傷ついた学生の役割を果たす必要があり、彼は本当に望んでいないことを伝えなければなりませんあなたが泣くかもしれないと思うので、何でもボードに行きます。

2.残りの子供たちは学生になります、そして彼らは2人の主人公に直面するでしょう。

3.アクションが到着します: 先生である子供が生徒に黒板の手術に出かけるように頼みます。学生は拒否します。教師である子供は規則を知っています:彼は彼を強制してはいけませんが、彼の信頼を得ようとしなければなりません。ですから、説得力を使うべきです。

4.結果は、次の2つの側面に従うことができます。 教師が生徒の信頼を得て彼を追い出すことに成功したのか、それとも彼が成功せずに諦めなかったのか。

5.黙祷の瞬間が到来します。 全員がこれらの質問に内部的に回答し、5分間の沈黙を残しておく必要があります。

-教師として、選ばれた生徒として、または観察する生徒としてどのように感じましたか?

-他のキャラクターはどう感じたと思いますか?

-紛争は何でしたか?

-解決しましたか?

6.結果は共有されます。 先生と生徒を演じた子供たちは、聴衆を演じた生徒とは異なるビジョンを与えます。それらすべての間で、彼らは異なる非常に豊かな視点を見るでしょう。

ご覧のとおり、子供たちが自分の感情を熟考して理解し、能力を身に付けることができるように、対立を脚色し、数分間の反省を残すという考えです。 他人の感情に共感する。このようにして、子供たちの1人が異なる、不適切な、または驚くべき行動をとる理由を誰もが理解できます。

AydéeMesaは、この教師と生徒の例について考えました。 しかし、明らかに、考慮すべき状況は、子供たちの各グループに適応させることができます。彼らは、誤解のために友達でなくなった2人の子供たちの間の対立を表すことができます...あるいは、いじめの疑いのある事件を脚色して、それが何を意味するのかを理解するようにします。いずれにせよ、この「劇場」とそれに続く沈黙は、2人の対立するキャラクターの目と感情を通してそれを見ることができれば、私たちの周りで起こることが大きく変わることがあることを理解するのに役立ちます。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 子ども同士の葛藤を解消する沈黙のテクニック、現場での行動のカテゴリー。


ビデオ: たった1つの行動で子どもに怒鳴らなくなる超簡単テクニック (七月 2022).


コメント:

  1. Bily

    私はそれを注意深く読んだようですが、理解していませんでした

  2. Taban

    私はあなたが間違っていると思います。話し合います。 PMで私に書いてください、私たちはそれを処理します。

  3. Bohdan

    本当にそして私はこれについて以前に考えたことがなかったので



メッセージを書く