情報

青年期の肥満の問題

青年期の肥満の問題


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

肥満は、小児期に発症し始める非常に深刻な健康問題ですが、その合併症は成人期まで観察されない場合があります。

青年期では、太りすぎは身体的だけでなく感情的な健康問題を引き起こします。 私たちのサイトでは、青年期の肥満によって引き起こされる問題は何ですか。

肥満は高血圧と高コレステロール血症に関連しており、動脈を塞いだり心臓の働きを妨げたりする傾向が顕著であり、その結果、冠状動脈性心臓病と脳卒中の両方のリスクが高まります。

また、太りすぎの場合、インスリンは体の細胞に十分なブドウ糖を供給するために余分に働く必要があります。したがって、正常な血糖値を維持するには、外部ソースからのインスリンの供給が必要になる場合があります。原則として、ライフスタイルと食事の変更はこれらのレベルを修正するのに十分かもしれませんが、長期的には糖尿病は深刻な健康上の合併症を持っています。

肥満は青年期の感情的な問題を引き起こすだけでなく、身体的な問題も引き起こします。

-太りすぎであると、成長する骨に過度の圧力がかかります、特に下肢の場合、関節の変形や問題(関節炎)を引き起こす可能性があります。さらに、股関節は特に太りすぎであり、短期間の損傷を受ける可能性があり、修復しないと、外科的および/または体重が減ると、永久的になる可能性があります。

- 肥満が肝臓に与えるダメージ それはあなたが大量の脂肪を代謝して蓄積しなければならない瞬間から生成され始めます。最初は、食生活の変化で矯正できる臓器の炎症がありますが、それが進行し続けると修復不能になる可能性があります。また、それらは肥満だけに関連しているわけではありませんが、胆石に苦しむリスクを高めます。肝臓の過度の働きは、胆管をほとんど塞ぐようにストレスを与える大量の胆汁を生成し、胆嚢で固化する可能性があります。胆石の重症度によっては、肝臓と胆嚢の適切な機能を回復するために外科的介入が必要になる場合があります。

-激しい頭痛や片頭痛に苦しむリスクを高めます 脳圧の上昇と睡眠時無呼吸によって。これらは、休息不足による倦怠感による日常の問題に加えて、長期的な心臓の問題を引き起こす可能性があります。

- 肥満は女性の生殖能力の問題にも関連しています、思春期に始まります。この年齢になると、多嚢胞性卵巣のリスクが高まり、血中テストステロンレベルが高くなる傾向があり、排卵を妨げます。テストステロンはまた、にきびを悪化させ、顔の毛の外観を促進することができます。

- 太りすぎであると、どんな動きもより多くのエネルギーを必要とし、体により多くの費用がかかります、したがって、呼吸筋は巨大な圧力を受け、ソファから立ち上がることさえ苦痛になります。

- うつ病、低い自尊心、無関心と抵抗 彼らは、快適さを求めて食べ物に頼ることができる青年を沈め、摂食障害のリスクを高め、症状を悪化させます。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 青年期の肥満の問題、サイトの肥満カテゴリ。


ビデオ: השמנת יתר - ילדים (かもしれません 2022).


コメント:

  1. Fachnan

    私たちの間で話すと、私の意見では、それは明らかです。 私はこのテーマについて話し始めません。

  2. Hanna

    この面白いメッセージ

  3. Faolan

    ありがとう。私は興味を持ってそれを読みました。私は自分のブログをお気に入りに追加しました=)



メッセージを書く