情報

子どもたちが安全に食べられる国際食

子どもたちが安全に食べられる国際食

地中海式の食事は、もちろん子供から大人まで、さまざまな料理とオプションが豊富です。しかし、私たち大人もいくつか例を挙げると、各国料理、中華料理、メキシコ料理、インド料理、日本料理を食べるのが好きで、これらの美食の品種の本拠地であるレストランやチェーンの選択肢は、需要の増加により我が国で増加しています。子供たちは安全に国際的な食べ物を食べることができますか?

- 日本食は非常に多様で、野菜やシーフードが豊富です調味料が多すぎず、簡単に調理できることに加えて、確かにメリットがあります。さらに、それを-あなたの手で-そして小さくて魅力的な部分で食べる方法は、家の中の小さな子供たちにとって最も魅力的です。穀物、米、吸収の遅い炭水化物の供給源、魚、脳の発達に必要な必須脂肪酸の供給源、そして大量のビタミンを提供する藻類をベースにしているため、栄養的には非常に完全なキッチンです。

しかし、すべてが利点であるわけではなく、生の魚は潜在的な微生物学的危険性を示し、発達中であっても乳児の免疫系が克服する準備ができていない可能性があるため、幼児が安全に食べることができない国際的な食品です。生の魚は、理想的な微生物学的条件下で、小児期の消費に完全に適していますが、確信が持てない場合は、 消費を約5歳まで延期するのが最善です。

- 中華料理 不思議なことに、それは中国国外で消費されているものとはほとんど関係がありません。アヒル、豚肉、牛肉などのたんぱく質食品と大量の野菜、そしてソースや調味料を添えた、食事の基本となるご飯を使ったキッチンです。日本食と同じように、中華料理は伝統的な箸を使えるように少しずつ食べられ、子供たちの好奇心をかき立てます。ソースの量を制限しているので、この美食の品種が子供時代に適していないことを示す理由はありません。

-食品インド料理、多くのスパイス、調味料、およびその他の辛い傾向のある調味料を使用しています。小麦やとうもろこしなどの他の穀物も大きな役割を果たしていますが、これは以前のものと同様に米をベースにしています。また、マメ科植物やその他のタンパク質食品も含まれています。

真実は、インドやメキシコの子供たちは伝統的な方法で強い味付けの食べ物を食べて食べてきたので、それが子供に受け入れられれば、それを否定する理由はありません。また、妊娠中や授乳中にお母さんが定期的に飲んでいれば、おなじみの味になります!

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 子供たちが安全に食べられる国際的な食べ物、乳児栄養オンサイトカテゴリ。


ビデオ: ライオンがハイエナの子供を母親の目の前で殺す (1月 2022).