情報

子供たちが寛容になることを学ぶ方法

子供たちが寛容になることを学ぶ方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

親が子供に寛容を植え付けるためのいくつかのヒント

見る

子供の教育に関しては、すべてが家庭で始まり、親の例があります。親が子供たちの前ですることや言うことはすべて彼らにとって重要です。親が子供に寛容であることを教えたいのなら、彼らは模範を示す必要があります。

主張することはできません 許容範囲 子どもの場合、誰かをからかったり、他人の意見を尊重したり、人種差別的な立場をとったり、他人との共存のルールを受け入れたりしない場合。

親が子供たちに寛容を奨励し、彼らの価値観について話し、他の人に親切にすることで彼らが見たい行動をモデル化するとき、彼らの子供たちは彼らの足跡をたどります。

寛容については、家庭だけでなく、児童学校でも話し合い、実践することが非常に重要です。教師が教えることはすべて子供にとって非常に重要です。クラスでは、次のことができます 作業公差 さまざまなリソースで:ディベート、ディスカッション、ゲーム、さまざまな文化や物語について子供たちに情報を提供し、教育する活動。

本、映画を通して、子供たちはイスラム教、仏教が何であるか、それがインドや世界の他の地域でどのように生きているかを理解することができます。より多くの子供たちが知っているほど、彼らはより多くの寛容を獲得します。

読書だけでなく本も、子どもたちの教育に欠かせない道具です。本を通して、子供たちは寛容の概念を理解することができます。この価値の良い例を示す物語や物語があります。さまざまな文化や生活様式について、さまざまな言語の本のコレクションがあります。

子供たちは、エスキモー、インディアンがどのように住んでいるか、またはジャングル、雪、または山でどのように住んでいるかを学ぶことができます。子供たちを近づけるための知識に勝るものはありません 許容範囲。

私たち親は、私たちが異なっていればお互いにもっと多くを学ぶことができるので、多様性は富であることを彼らに教えなければなりません。特に現実と文化が混ざり合う世界では、これは非常に重要な仕事です。

子供は、本、他の言語の学習、家族旅行、展示会、国際的な活動、そしてとりわけ両親の例を通して、自分とは異なる他の文化を知ることによって、多様性を許容または尊重することを学ぶことができます。

私たちは皆違いますが、子供たちを観察するのをやめると、子供たち自身がこれらの違いを見ないことに気づきます。彼らが遊ぶとき、彼らは肌の色、言語の種類、または他の子供たちの社会階級を見たり分析したりする時間を無駄にしません。彼らは遊ぶ。

多くの場合、違いは両親の態度にあります。彼らが多様性にどのように反応するか。子供たちは非常に若いので、違い、多様性、異なる文化や人種を尊重することを子供たちに教える必要があります。

共存と 許容範囲 彼らは家族や友人と子供たちの日常生活に密接に関連しています。一緒に暮らすことで、子供はお互いをよりよく知り、他の人を知り、家族や仲間のグループと一緒にいることがいかに重要であるかを知ることができます。同棲することで、子供たちは寛容になることを学ぶことができます。

それぞれの人には、あり方、行動、物事のやり方があります。一人一人が自分の好み、自分の意見、自分の物の持ち方を持っています。このため、一緒に暮らすことは、子供たちに寛容を植え付ける良い機会にならなければなりません。

チームゲームを通して、子供たちは多くの前向きな行動を学ぶことができます。それらの1つは、許容値です。他の子供たちと交流することで、子供はより寛容になることを学ぶことができます。なぜなら、彼は欲求不満、勝ち負け、待つ、助ける、尊重する、忍耐強く、そして何よりも分かち合う必要があるからです。

子供はもっとなります 寛容 彼がなんとか他人のニーズを理解し、彼自身の手段で彼らを癒そうとし、彼のおもちゃ、彼の時間と彼の知識を共有するとき。

ザ・ 許容範囲 それは最も美しい人間の価値観の1つであり、平和を達成するための最も有効なリソースの1つです。人間関係において寛容を実践する子供は、常に静けさと平和を享受します。他の子供の言語、宗教、文化は関係ありません。また、人種や性別も関係ありません。

多くの文明は、寛容を理解または実践できなかったため、戦争に巻き込まれています。寛容な子供は平和な人です。人間関係において寛容を実践する最良の方法は、他人にあなたが望むように他人を扱うことです。

子供たちが他人をからかうことの多くは、違いが許容されないか、受け入れられないためです。このように、言語、眼鏡、耳、肌の色、衣服、子供が痩せているか肥満であるか、背が高いか背が低いか、または身体的な欠陥がある場合、何でも嘲笑の原因となる可能性があります。

この問題はすべて、 許容範囲。子供たちは、私たち全員が異なっていても、調和して生きることができることを学ばなければなりません。

他の人との関係において、彼らの言うことを聞かないことによって、私たちはどれだけ多くのことを失うのでしょうか。聞くことと聞くことは非常に異なります。鐘や雷の音が聞こえますが、聞くだけではなく、彼らの言うことに注意を払っています。親は子供たちに耳を傾け、耳を傾け、学ぶことを子供たちに理解させるように教えなければなりません。

親は、怒鳴ったり気を散らしたりすることなく、親切で立派な方法で子供とうまくコミュニケーションをとる必要があります。幼い頃に親が子供に注意を向けるのは、後で親に与えることです。

子供たちに他の人の話を聞くように教える方法を知りたい場合は、ここをクリックしてください。


ビデオ: 子供を自立させるために親が取るべきつの行動其の (七月 2022).


コメント:

  1. Reyhurn

    ブラボー、この考えは意図的でなければなりません

  2. Demothi

    あなたは間違っている。私は確信しています。 PMで私に手紙を書いて、話してください。

  3. Leb

    It not a joke!

  4. Maceo

    このかなり貴重なメッセージ

  5. Eder

    私の意見では、あなたは間違いを認めています。入力してください。

  6. Strong

    彼らがその議論に苦しんでいない何か。



メッセージを書く