情報

彼の休息を促進する赤ちゃんの夕食のための食品

彼の休息を促進する赤ちゃんの夕食のための食品



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

食べ物は一見食べ物だけのように見えますが、それを構成するさまざまな成分が体の機能に与える影響は非常に広く、興奮から落ち着き、ユーモアからうつ病まで、私たちが子供たちに提供するものをうまく選択してください特定の時間に私たちを助けることができます。

たとえば、休息を促進する利点がある食品がいくつかあるので、赤ちゃんの夕食時にそれらを含めると便利な場合があります。

- トリプトファンが含まれています。トリプトファンは、弛緩に直接関与するホルモンであるメラトニンの神経伝達物質前駆体であるセロトニンの放出を促進するためにマグネシウムとビタミンB6の存在を必要とするため、これらの微量栄養素が豊富な食品(肉や魚など)が理想的です組み合わせ。目玉焼きは消化が難しく、赤ちゃんを産むときに不適切であるため、目玉焼きであってはなりませんが、赤ちゃんの6か月後に卵子を提供できないという科学的理由はありません。まもなくベッド。

- ミルク トリプトファンを多く含む食品の1つであるため、寝る前にコップ1杯のミルクを飲むか、まだ飲んでいる場合はボトルを飲むと、赤ちゃんの休息を促進するのに役立ちます。

-ご飯、パスタ、じゃがいも それらは、炭水化物含有量のために、トリプトファンの吸収を高めるので、休息を容易にする食品です。さらに、複雑な炭水化物であるため、血糖値をすぐに上昇させたり、インスリン分泌のスパイクを生成したりすることはなく、予期しない過剰なエネルギーを回避します。

-蜂蜜には、脳をリラックスさせるのに役立つ抗炎症成分が含まれていますしたがって、就寝前に温かいミルクのグラスにそれを追加することは安全な賭けです。ただし、蜂蜜は、特に幼児期に極度の重力の病気であるボツリヌス中毒を引き起こすボツリヌス菌とその胞子の頻繁な媒介物であるため、12か月未満の乳児には適していないことを覚えておく必要があります。

-一般的に、温かい食事は赤ちゃんが夕食時にリラックスするのに役立ちます、だから赤ちゃんに冷たい食べ物を提供することは避けることをお勧めします。ピューレは通常ランチタイムに消費されますが、ディナータイムにも同じように提供できます。

さらに、セレンが豊富な食品はリラクゼーションを促進し、ストレスや不安を軽減し、マグネシウムが豊富な食品は筋肉の緊張を防ぎ、覚醒を軽減します。それらはセレン、特にナッツだけでなく油性の魚も豊富ですが、マグネシウムは例えばほうれん草やいくつかの種子に含まれています。具体的には、油性の魚にはオメガ3脂肪酸、セレン、トリプトファンが含まれており、休息を促進するのに最適なカクテルです。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 彼の休息を促進する赤ちゃんの夕食のための食品、サイトの赤ちゃんカテゴリ。


ビデオ: 夫手取り15万1週間食費3500円肉盛りがっつり献立生活その1料理下手が挑戦する (八月 2022).