情報

ミルクは子供の鼻くそを増加させません

ミルクは子供の鼻くそを増加させません


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

伝統的に、牛乳や乳製品は、過剰な粘液や痰の生成に関連しています。それは何世代にもわたって維持されてきた信念であり、特に子供時代に、そして子供が呼吸プロセスを別のプロセスと連鎖させると、正しい栄養に深刻な影響を与える可能性があるという信念です。だが、 それについて本当は何ですか?ミルクは子供の鼻水を増やしますか?

医学的適応なしに、子供の食事からミルクや乳製品を排除することは、他の供給源を通じて微量栄養素を提供する必要性を浮き彫りにします。ミルクは、とりわけ、高品質のタンパク質、カルシウム、ビタミンDを自然に提供します。

カルシウムは、乳糖、乳糖、ビタミンD(カルシウムの腸管吸収と腎臓レベルでの再吸収に有利)、および一定の割合のカルシウムとリン、またはそれが何であれ、存在下でよりよく吸収されます。lカルシウムの最大吸収は、ミルクと乳製品から達成されます、それらを子供時代と青年期に理想的にし、骨とそれらの絶え間ない成長を強化するのを助けます。

健康へのさらに大きなリスクは、乳児の食事からミルクを完全に排除することです、より水っぽい粉ミルクを提供するか、母乳育児の給餌を制限するか、水、注入、またはジュースに変更します。

誤って、子供の鼻水が増える品質を乳製品に帰する理由は、 彼らの関係が現実よりも神話であることを証明できる科学的証拠はありません。

それにもかかわらず、 粘液が絶えない、または鼻づまりが牛乳アレルギーの症状の1つである可能性があります。 これは最も頻繁な症状ではありませんが(胃腸症状、下痢、胃けいれんがはるかに頻繁です)、粘液の密度とミルクの摂取量の間に相関関係が観察される場合は除外する方がよいでしょう。

ミルクはまた、喘息によって引き起こされる呼吸器症状への悪影響に起因するとされています。 子供がこの病気に苦しんで症状が悪化した場合は、乳タンパク質に対するアレルギーを除外することもお勧めします。これも主な症状ではありませんが、本質的に関連している可能性があるためです。

いくつかの国で実施された最新の研究は、 ミルクも乳製品も鼻づまりを増加させません。 しかし、粘液への悪影響が牛乳や乳製品の消費に起因するというこの信念が広まっているという事実は、信頼できる結果を達成することを非常に困難にしています。研究に参加している子供を観察する大人は、彼ら自身の信念に直接影響を受け、これは彼らの観察に影響を与えます。

専門家が推奨するように、 粘液で実行される感染プロセス中に最も重要なことは、液体を提供することです、主に水ですが、少なくとも科学的証拠が別の方法で示すまでは、必要に応じてミルクも同様に適しています。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます ミルクは子供の鼻くそを増加させません、乳児栄養オンサイトカテゴリ。


ビデオ: 赤ちゃんの鼻水をティッシュで簡単に取る方法吸引器がない時の応急処置 (六月 2022).


コメント:

  1. Wendell

    あなたの投稿はすべてフィクションだと言ったらどう思いますか?

  2. Gijs

    申し訳ありませんが、私の意見では、彼らは間違っていました。私はそれについて議論することを提案します。 PMで私に手紙を書いてください、それはあなたに話しかけます。

  3. Quaid

    かなり貴重なアイデア

  4. Seb

    私の意見では、あなたは間違っています。 PMで私に書いてください。

  5. Gildea

    私が確認する。上記のすべてのことに同意します。

  6. Tukasa

    私はあなたが正しくないと思います。ポジションを守ることができます。

  7. Allard

    ありがとう! You often have great posts! Lift your spirits right in the morning.



メッセージを書く