情報

妊娠中に自家製マヨネーズを服用するリスク

妊娠中に自家製マヨネーズを服用するリスク


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

妊娠中のローフードの摂取は、高リスクの病原体の主な発生源の1つです。たとえば、新鮮な牛乳で作られたチーズにはリステリアモノサイトゲネスが含まれ、生のソーセージにはトキソプラズマゴンディが含まれ、生の魚介類にはアニサキスが含まれる場合があります。

自家製マヨネーズの主成分が生卵であることを忘れてしまうこともありますが、これは妊娠中にはお勧めできない食品のひとつです。 妊娠中に自家製マヨネーズを服用することの危険性についてお話します。

リステリア・モノサイトゲネスは妊娠中に非常に重要な食品病原体です。妊娠中絶、早産、さらには胎児の死亡を引き起こす可能性があるためですが、アニサキスなどの病原体は赤ちゃんに直接影響を与えません。しかし、それは母親に深刻な胃反応を引き起こし、時にはアレルギーを引き起こす可能性があります。 Toxoplasma gondiiの場合、ソーセージによる汚染のリスクは最小限ですが、細心の注意を払うことをお勧めします。

生卵やそれを使ったソースを摂取しないことをお勧めするのは、サルモネラ症にかかる可能性に基づいています。サルモネラ症は、成人の通常の状態ではそれほど深刻ではありませんが、妊娠中に悪化し、害を及ぼす可能性のある食中毒です。赤ちゃん。したがって、lまたは、妊娠中に自家製マヨネーズを摂取しないことをお勧めします。

マヨネーズは卵と植物油から作られたエマルジョンで、多くの料理でコールドソースとして使用されています。家庭で調理される料理は通常、より健康的で栄養価が高いですが、微生物学および/または食品の問題では、マヨネーズの特定のケースでは、一般的に反対です。 自家製マヨネーズは生卵を油で乳化するものですが、スーパーマーケットで販売されている市販版は低温殺菌した卵で作られています。.

低温殺菌は、食品中の病原性微生物を制御しようとする熱プロセスです その物理的および化学的特性、またはその官能特性を過度に変更することなく。実際には、その目的はすべての微生物を排除することではなく、微生物の数を減らして食中毒を引き起こさないようにすることだけです。この処理は、時間と温度の点で多かれ少なかれ積極的である可能性があり、低温殺菌される食品によっても異なります。

全卵と卵黄は、60ºC未満の温度しか許容しない白よりもやや耐性があります。サルモネラ菌の破壊を保証するために、通常、64.5ºCで2分半の製品の処理が有効であると見なされ、異常に高いサルモネラ菌による汚染の可能性が考慮される場合は時間が長くなります。

微生物学的観点からは、卵を65ºC未満の温度で4分間維持しながら、自宅で卵を低温殺菌することは可能です。 妊娠中は市販のマヨネーズを使用する方が安全です.

過剰に見えますが、 妊娠中の食品禁止は、母親と赤ちゃんの健康を保護しようとします、妊娠9ヶ月の間にフォローすると便利です。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 妊娠中に自家製マヨネーズを服用するリスク、ダイエットカテゴリ-サイトのメニュー。



コメント:

  1. Meir

    いいえ。

  2. Barth

    申し訳ありませんが、これは私には合いません。他にバリエーションはありますか?

  3. Mauzshura

    おめでとうございます、この壮大な考えは正確に正確になければなりません

  4. Bentleah

    干渉したことをお詫びします...この質問を回避することができます。議論することができます。ここまたはPMに書いてください。

  5. Marvyn

    あなたは楽観主義者でなければなりません。



メッセージを書く