情報

子供たちが夢の中で話す本当の理由

子供たちが夢の中で話す本当の理由


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

一部の子供と大人は夢の中で話します。ほとんどの場合、それは奇妙なスピーチであり、ほとんど理解できませんが、完全に眠っている間に意味のある会話をしたり、ベッドのパートナーに答えたりすることができる人もいます。

なぜ何人かの子供が夢の中で話すのですか?それはどういう意味ですか? 私たちのサイトでは、エキサイティングで未知の夢の世界に入り、眠っている間に話すという奇妙な事実についていくつかの好奇心を伝えます。

目覚めのスピーチと夢のスピーチの間には多くの類似点がありますが、いくつかの違いもあります。 Nまたは夢の中で話す人々に関する多くの研究があります そして、まだ多くの未回答の質問があります。

Sはそれを信じています 半数以上の人が夢の中で話しますそれは記憶されていないものであり、翌日何が起こったのかを伝えるのは一般的に他の人であるため、彼らはさらに多くなる可能性があります。

夢の中で話すことは寝言としても知られており、通常、話さない人や話さないと信じている人には奇妙なことと見なされますが、それ以上に正常なことはありません。 私たちの脳は常に活性化されており、いつでも切断されることはありません。 したがって、私たちが眠っているときでさえ、眠っている間に子供の脳で起こっていることがスピーチによって明らかになるのは正常です。

私の3人の子供のうち、2人は睡眠中に話し、夜の沈黙の中で私が夜につまずくと、時々こもった、疲れた、他の人はエネルギッシュで怒った小さな声が聞こえます。 、私のnoooooに "、"それは私ではありませんでした! "、"私は巨大なものを作るつもりです "または"もっとチョコレートで私 "。他の多くの場合、彼らはエスペラントから取られたように見えるゴロゴロ、ばらばらの単語またはフレーズのみを発します。

彼らが何を言っているのか理解しようとしたり、架空の喧嘩の最中に落ち着かせようとしたりすることもありますが、それが来ると、私が何を言っても消えてしまいます。しかし、なぜ子供は夢の中で話すことができますか?

夢については、さまざまな理論があり、非常に密度が高いため、夢の中の言葉の意味とその理由にのみ焦点を当てます。子供は夜中いつでも睡眠中に話すことができますが、より深い段階で話すのがより一般的であり、専門家はこれにいくつかの原因を与えます:

- 遺伝学:話している子供に睡眠検査が行われると、祖父母、両親、叔父のいずれであっても、同様の前例が見つかります。

- 睡眠障害: 夢遊病や夜驚症などの他の睡眠時随伴症もある人に起こることがあります。

- 不安:心配や大きなストレスの瞬間には、子供が睡眠中に話すように導く、より乱れた睡眠があることが証明されています。

- 疾患:子供が熱を持っている場合、この不快感は彼が眠っている瞬間にも移り、悪夢や非常に激しい夢を引き起こし、夢の中で話すようになります。

-睡眠バランスの内訳: レム睡眠段階では、口と声帯の筋肉はほんの一瞬ですが、活動がない状態が解消され、夢の言葉が声に出して表現されます。

夢の中で話すことは病気ではなく、治療も必要ありませんが、落ち着いた静けさの雰囲気を作り、美しい物語を読み、リラックスできる音楽をかけ、刺激を与えないことで、就寝前に子供を助けることができます。さらに、彼がより狂犬病であるか不安を持っていることに気付いた場合は、その原因を調査する必要があります。

そうでなければ、私たちは座って、彼の唇から来る陽気で風変わりな話を聞くことができます。それを使って、パートナーについてもっと知りたい、または起きている間に伝えたくないことを見つけたという人もいます。

不思議な夢の世界です...

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 子供たちが夢の中で話す本当の理由、サイトでの子供の睡眠のカテゴリで。


ビデオ: はばたけぐんまの子どもたちLets enjoy Englishこれからの英語教育 (七月 2022).


コメント:

  1. Roibeard

    申し訳ありませんが、私の意見では、あなたは正しくありません。私はそれを証明することができます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話し合います。

  2. Zetes

    ブログが放棄されたのは残念です...

  3. Samubar

    壮大な考え

  4. Eginhardt

    私はこれが欲しい



メッセージを書く