情報

子供のための価値観としての共感、寛容、回復力の違い

子供のための価値観としての共感、寛容、回復力の違い


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

価値観で子供たちを教育することは、何よりも親の責任です。したがって、あなたが知っていることが重要です あなたがあなたの子供に植え付けるべき本質的な価値観は何ですか そしてそれらのそれぞれの間にどのような違いがありますか。

この機会に、説明します 共感、寛容、回復力の違いは何ですか、そして私たちが子供たちにこれらの本質的な価値観を育む方法。

数学、語学指導、社会科を超えて、 価値観の訓練は、子供たちの研究計画の中で目立つ主題でなければなりません。実際には、それは親の最も重要な主題です。

価値観の教育は、価値観と共感、寛容、回復力などの感情的能力に基づいて、倫理的な観点から専門的および個人的な課題に直面できる大人を訓練するための基礎です。だが、 これらの概念の意味と違いを知っていますか?

-共感
共感とは、他人の立場になって自分の状況を理解する能力です。これは、対話者の考えや感情を深く理解することを可能にし、合意に達し、コミュニケーションを改善するのに役立つため、対話の基本的な能力です。一般に信じられていることとは反対に、共感とは、自分の考えや感情を脇に置くことを意味するのではなく、他の人の代わりに自分を置き、考えや事実に直面したときの自分の立場をよりよく理解するために自分の立場に立つことを意味します。

-許容誤差
寛容とは、多様性を尊重する能力です。この意味で、寛容とは、意見、考え、態度など、他の人の違いが私たちと一致していなくても、それを尊重する能力です。寛容は、称賛しやすく、実践しにくく、説明が非常に複雑であると言われています。

-レジリエンス
レジリエンスは、苦しみや逆境の状況に関連する概念です。それは、極端な状況を克服し、それらからより強く現れる能力として定義されています。レジリエンスの能力が高い人は、困難な瞬間を乗り越えることができるだけでなく、その結果として個人的に成長することもできます。

共感、寛容、回復力は3つの基本的な概念です それは子供たちの教育の一部であるべきです。これらの価値観の教育は、家庭で強化し、教育センターで継続する必要があります。レジリエンスは、人生のある時点で必ず経験する失敗、エラー、欲求不満、逆境、または苦しみに直面する方法を知ることを伴うため、特別な関心を集めます。これを行うために、私たちは助けを求め、他の人に自分自身をサポートし、この否定的な状況を動機付けた理由を理解し、ユーモアと創造性を備えたリソース、スキル、対処スキルを開発することを学びます。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 子供のための価値観としての共感、寛容、回復力の違い、サイトの証券カテゴリ。


ビデオ: A life of purpose. Rick Warren (七月 2022).


コメント:

  1. Jamal Al Din

    それは起こります。この問題について説明しましょう。ここまたはPMで。

  2. Shadwell

    そして、私たちは何に立ち寄るつもりですか?

  3. Darach

    このテーマは単に比類のない:)、私はそれが好きです)))

  4. Farran

    よくやった男。外に出た。

  5. Natanael

    あなたは面白いです。

  6. Liwanu

    著者に同意します

  7. Dan

    私はあなたが正しくないことを意味します。午後に私に手紙を書いてください。

  8. Kyrillos

    確かに、それは楽しい意見です



メッセージを書く