学齢期

窒息の応急処置

窒息の応急処置

部分的な気道閉塞:窒息の兆候

次の兆候は、子供の気道が部分的にブロックされていることを示しています。

  • 失声
  • 窒息音
  • 悪化し続ける咳
  • 吐き気
  • 喘鳴
  • 不安と興奮
  • 喘鳴(吸うときの甲高い、ガラガラ音)
  • 突然の胸痛。

完全な気道閉塞:窒息の兆候

次の兆候は、子供の気道が完全にブロックされていることを示しています。

  • 子供は呼吸できません。
  • 子供は音を立てることができません。
  • 子供の鼻や口から空気が抜けていません。
  • 子供の肌の色は青白くなります。
  • 子供はすぐに意識を失い始めます。

気道は、子供がアナフィラキシー反応を起こしたり、発作中に嘔吐したり、意識がなくなったりしたときにブロックされます。お子さんがこれらの症状を抱えている場合は、緊急時の行動計画を必ず確認してください。

気道閉塞の窒息

子供の場合 1年未満 窒息している、ここで何をすべきかです:

  1. 電話 000 すぐに。
  2. 子供を前腕に下向きに置きます。
  3. 手のかかとを使って与える 5回のしっかりしたバックブロー。各バックブローの間に詰まりが解消されたかどうかを確認します。
  4. 閉塞が解消されていない場合は、子供を仰向けに寝かせて、あきらめます 5つの胸の突き。各スラスト間で閉塞が解消されたかどうかを確認します。
  5. 子供がまだ窒息している場合、 交互に5回のバックブローと5回の胸部スラスト 緊急支援が到着するまで。

お子様向け 1年以上、ここで何をすべきかです:

  1. 子供に奨励する 前かがみ 。それでも詰まらない場合は、すぐに000に電話してください。
  2. 手のかかとを使って与える 5回のしっかりしたバックブロー。各バックブローの間に詰まりが解消されたかどうかを確認します。
  3. 閉塞が解消されていない場合は、片方の手を子供の背中の中央に置き、もう片方の手を胸の中央に置きます。
  4. 胸の上の手のかかとを使用して、 5つの胸の突き。各スラスト間で閉塞が解消されたかどうかを確認します。
  5. 子供がまだ窒息している場合、 交互に5回のバックブローと5回の胸部スラスト 緊急支援が到着するまで。
イラスト付きの窒息救急ガイドをご覧ください。それを印刷して、冷蔵庫のように手元に貼っておくことができます。