未就学児

未就学児が友達を作る

未就学児が友達を作る


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

友達を作る未就学児:期待すること

未就学児が友達を作ることに関しては、通常の広い範囲があります。

によって 3年、多くの子供たちは定期的に他の子供たちとの活動に参加しています-例えば、育児、幼稚園、またはプレイグループで。

この年齢では、一部の子供たちは友人が誰であるかを明確に考え、名前を付けることができます。彼らは幼稚園やプレイグループに到着したときに友達を探して、一緒に遊ぶかもしれません。彼らは友達と一緒にプレイデートをしたいかもしれません。

この年齢の他の子供たちは、名前を付けることができる友人を持っていないかもしれませんが、彼らは友人を作ることに熱心かもしれません。

によって 四年間、ほとんどの子供は「私の友人」と彼らが知っている他の子供の違いを知ることができます。

一部の子供たちは簡単に友達を作り、他の多くの人々の周りにいることからエネルギーを得ているようです。他の人は、この疲れと圧倒を見つけることができます。一部の子供はウォームアップが遅く、グループに参加する前に何が起こるかを見る時間が必要な場合があります。

未就学児が友達を作る方法

子供たちは友情のスキルを学ぶ必要があります。あなたの子供が他の人と遊ぶとき、彼女は現在および将来の友情を助けるスキルを構築します。これらは、共有、交代、協力、他人の話を聞く、意見の相違を管理する、物事についてのさまざまな考え方を交渉するなどのスキルです。

たとえば、子どもたちがホームコーナーでプレイすることを決定した場合、どのような役割を果たし、何をすべきかを決定する必要があります。そして、彼らが皆ママになりたい、またはママが何をするかについて異なる考えを持っているなら、彼らはそれを解決しなければなりません。

あなたの子供が他の子供にどのように反応するかを知ることは、彼が彼の気質に合った方法で友人や友情を作るのを助ける良い基礎を与えます。

未就学児が良い友達になることを学ぶのを助ける

日常の家庭生活の一部として、子供が親友であることについて学ぶのを助けることができます。

たとえば、子供が兄弟と遊んでいるときに、子供が与えたり取ったりする必要があり、彼らは何を再生するか、特定のおもちゃを誰が使用するかを決定します。

これらの状況が発生すると、次のことができます 何が起こっているのか、なぜ説明する。たとえば、「何をプレイするかを決める前にお互いに耳を傾けるのは素晴らしいアイデアだった」とか、「おもちゃで二人で曲がったという話をしたとしたらどうでしょう」と言うかもしれません。

子供とボードゲームのようなゲームをするとき、次のことができます 優雅に勝ち負ける方法を彼に示す.

話したり聞いたりすることも友情にとって重要なスキルです。たとえば、他の人が何を言っているのか興味を示したり、質問したりすることです。家族の食事は、これらのスキルをロールモデル化し、子供にそれらを練習する機会を与える絶好の機会です。

これらのスキルの多くは大人にとっても難しいことを覚えておくと役立つかもしれません。あなたの子供はまだ学習中であり、彼女は良い友達になる練習をする多くの機会を必要とします。

あなたの子供の就学前教師は、あなたとあなたの子供が一緒に自宅で練習できる社会的スキルについてアドバイスを与えることができるはずです。

未就学児が遊び中に友達を作るのを助ける

子供に幼稚園やプレイグループの他の子供たちと遊ぶ機会を与えると、友情を育てるのに役立ちます。

で始めることができます 子供と一緒に遊ぶ相手について話す、なぜ彼女が彼らと遊ぶのが好きなのか、彼らは何をしたいのか。その後、自宅、地元の公園、または子供たちに十分なスペースと遊びの場を提供する他の場所で、他の両親と遊びの日程について話すことができます。

プレイ中にお子様が友達を作るのを支援するためのアイデアを次に示します。

  • あなたの子供がうまく遊ぶのを助けます。 あなたの子供と彼の友人に遊びのためのいくつかの異なるオプションを与えることでこれを行うことができます。たとえば、「ブロックや車で遊んでみませんか?」子供たちが一緒に何かを決めるとき、たとえば「子供たちが一緒に働いた方法が大好きです」と称賛します。
  • 友人が来るとき、あなたの子供の特別なおもちゃを片付けてください。 これにより、引数の開始を停止できます。
  • 近くにいて。 子供がお互いをよく知らない場合は特に、子供が近くにいることを安心させることができます。あなたの子供がより自信を持つようになると、あなたは遠くに行くことができますが、何が起こっているかを認識することは依然として重要です。
  • 何が起こっているかに注目してください。 これは、子供たちがざらざらした遊びを楽しんでいるだけなのか、遊びが手に負えなくなっているのかを知るのに役立ちます。物事が荒くなりすぎている場合は、ステップインする必要があります。
  • プレイデートの制限時間を設定します。 子供たちが疲れると、協力するのが難しくなることがよくあります。みんなでもう一度やりたいと思って、プレイ時間を終えることは良いことです。

未就学児の友情と遊びがうまくいかないとき

就学前の友人同士で遊ぶことが、あなたの計画通りにうまくいかない場合があります。

積極的に行動する子どもたち
友人との不定期の不一致は正常です。しかし、叫び声や打撃が始まる場合は、踏み込んで子供の行動を指導する必要があるかもしれません。この状況では、何を停止する必要があるのか​​、なぜその理由を明確にすることが重要です。たとえば、「お互いのプッシュを停止してください。あなたは両方が傷ついている」。

ソロ演奏
時々、あなたの子供が自分で遊びから離れるのに時間がかかるかもしれません。あなたの子供と話すこと-そして何が起こるかを見る-あなたは何が起こっているかを解決するのに役立ちます。

ソロをプレイすることは通常心配することはありません。実際、2人の子供が一緒に遊んでいるのをよく目にします。それは、この年齢の子供たちがまだ一緒に遊ぶ方法を学んでいるからです。

しかし、子供が遊びに参加する方法がわからない場合、他の子供から常に除外されている場合、または他の子供と一緒に遊びたくない場合は、あなたが助けるためにできることがあります:

  • 他の人が何をしているかを見るように子供を励ます 参加方法を考え出すことができます。たとえば、「ベラはあの食べ物を何してるの?彼女はレストランを設立していると思いますか?顧客が必要になると思いますか?それとも料理人ですか?」
  • あなたの子供が遊びを始めることができる方法について話します 他の人を参加に招待します。たとえば、「砂に穴を掘るのを手伝ってもらえますか?他の誰かが私たちを本当に深くするのに役立つかどうかを見ることができますか?」

「あなたは私の友達ではない!」
就学前の数年間、子どもたちは「あなたは私の友達ではない」と言うことがあります。

一部の子供はこれで傷つくかもしれませんし、他の人はそれを振り払うことができるようです。多くの場合、子どもたちは物事を整理し、数分後に再び「友達」になります。

お子様が幼稚園で友達と遊んでいる問題について話している場合は、お子様の幼稚園の先生に相談することをお勧めします。教師は何が起こっているのかを監視し、会話、ストーリー、アクティビティをフォローアップできます。

時々孤独を感じることは普通であり、ほとんどの人が出会うすべての人と仲良くしないことを子供に説明するのに役立つかもしれません。就学前の子供たちと遊びを計画することも、就学前のみんなと遊ぶことに自信を持たせるのに役立ちます。



コメント:

  1. Terriss

    批判するのではなく、オプションを書くのではなく。

  2. He-Lush-Ka

    申し訳ありませんが、私の意見では、あなたは間違っています。これについて議論してみましょう。

  3. Ovid

    申し訳ありませんが、十分に適合していません。多分オプションがありますか?

  4. Brunelle

    それは驚くべき、かなり便利なメッセージです



メッセージを書く