情報

セクレチン

セクレチン

セクレチン療法とは?

セクレチンは、腸で自然に発生するホルモンです。健康な腸と消化のために重要です。この治療法は、自閉症スペクトラム障害(ASD)の人にセクレチンを投与することを伴います。

セクレチン療法の対象者

この治療法は、自閉症スペクトラム障害(ASD)のある人に使用できます。年齢制限はありませんが、研究はASDの子供とティーンエイジャーに焦点を合わせています。

セクレチン療法は何に使用されますか?

セクレチン療法は自閉症スペクトラム障害(ASD)の行動特性を低下させると主張されています。セクレチンは、膵臓がどれだけうまく機能しているかを調べる方法、または消化器系の問題を拾う方法として誰かに与えられるかもしれません。

セクレチン療法はどこから来たのですか?

この治療法は、自閉症スペクトラム障害(ASD)の3人の子供の観察から得られます。これらの3人の子供は、内視鏡検査を受けているときにセクレチンを与えられました。セクレチンの投与により行動が改善されたと主張された。その結果、セクレチンは潜在的なASD療法として人気を博しました。

セクレチン療法の背後にある考え方は何ですか?

この治療法は、自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供の胃と消化の問題が、他者とのコミュニケーションなどのスキルに集中し、発達する能力を妨げる可能性があるという考えに基づいています。

これらの消化の問題が管理されると、ASDの子供たちは「解放」され、スキルの開発に集中できると主張されています。

セクレチン療法には何が含まれますか?

この治療法では、自閉症スペクトラム障害(ASD)の人に天然または合成のセクレチンを注射します。

ASDの治療のためのセクレチンの使用に関する標準的な治療ガイドラインはありません。ほとんどの研究は、人々に単回投与を与えました。他の人は複数回投与しました(通常4〜6週間間隔で)。

コストに関する考慮事項

セクレチン療法の費用は、訓練を受けたセラピストが療法の実施に関与しているかどうかによって異なります。

セクレチン療法は効きますか?

高品質の研究により、この療法は効果がないか、有害である可能性が示されています。

オーストラリアおよび国際的なガイドラインは、セクレチン療法を自閉症スペクトラム障害(ASD)の介入として使用すべきではないと述べています。

誰がこの方法を実践していますか?

Secretinはオーストラリアでの使用は承認されていません。それが使用される場合、医師はその使用と投与を監督しなければなりません(これはどんな薬にも当てはまります)。

親の教育、訓練、支援、関与

この治療法に利用できるサポートまたはトレーニングサービスはありません。

どこで開業医を見つけることができますか?

Secretinはオーストラリアでの使用が承認されていないため、この国で誰が治療を提供できるかについての情報は入手できません。

この治療法を検討している場合は、GPまたは小児科医または小児栄養士に相談してください。 NDIAプランナー、NDIS幼児パートナー、またはNDISローカルエリア調整パートナー(ある場合)と話すこともできます。

自閉症スペクトラム障害(ASD)には多くの治療法があります。それらは、行動と発達に基づくものから、医学または代替療法に基づくものにまで及びます。 ASDの子供への介入の種類に関する記事では、主な治療法について説明しているため、子供の選択肢をよりよく理解できます。